カルミナ・ブラーナの申し子たち

「燃えるオーケストラ!」といえば、やはり合唱や打楽器を加えてリズムで押しまくるパターンだろう。例えばクラシック音楽なら、カール・オルフ作曲のカルミナ・ブラーナのオープニング楽章「おお!運命の女神よ」などはその典型例と言える。そんな熱い音楽を、ハリウッドの映画音楽界が捨てておかなかった。特撮技術がコンピュータ・グラフィクスの時代に入ったことによって映像表現はどんどん派手になり、そんな映画を彩る音楽も、やたらと合唱が入り、ここぞというクライマックスではドカーン、グシャーンと衝撃サウンドが入りまくるようになってきた。しかし、そこでハタと思うのだ。これじゃ、誰が作っても同じじゃない?オリジナリティはどこへ行ったの?と。

そこでここでは、カルミナ・ブラーナゆかりの音楽からそうでないものまで、盛り上がる合唱付き管弦楽の中から作曲者の個性を感じるものを集めてみた。そんな音楽を聴いて、商業主義的マンネリズムに堕した昨今のハリウッド音楽に喝を入れるのだ!!

B

Arthur Benjamin

アーサー・ベンジャミン

Cantata "The Storm Clouds" ~ The Man Who Knew Too Much
カンタータ「ストーム・クラウド」~ 知りすぎていた男

G

Jerry Goldsmith

ジェリー・ゴールドスミス

Main Title ~ Demien:OmenII
メイン・タイトル~オーメン2/ダミアン

I

Kan Ishii

石井 歓

Sinfonia Ainu
シンフォニア・アイヌ

S

Koichi Sugiyama

すぎやま こういち

Cantata "Orbis"
カンタータ「オルビス」
音楽の羅針盤 トップページへ

リンクはご自由にどうぞ。

Copyright (C)2008-2014 Amasawa