協奏曲・ア・ラ・とってもカルト

電気楽器や動物の声は言うに及ばず、タップ・ダンス、マラカス、ガラクタまで...。ふざけているのかいないのか、ちょっと変わった協奏曲を選んでみた。

A

Johann Georg Albrechtsberger

ヨハン・ゲオルグ・アルブレヒツベルガー

Concerto for Jew’s Harp,Mandora and Orchestra
口琴、マンドーラと管弦楽のための協奏曲

(輸)Orfeo C035821A

指揮:ハンス・シュタドルマイアー/ミュンヘン室内管弦楽団
口琴:フリッツ・マイヤー、マンドーラ:ディーター・キルシュ

今日ではその作品でというよりも、どちらかといえばかのベートーヴェンの師であったということで有名なアルブレヒツベルガー。しかし当時はシュテファン大聖堂の楽長も勤め、対位法の大家としても知られていたという。そんな作曲家の珍しい楽器による二重協奏曲。

マンドーラとは、中世頃に登場した小さなリュートのような楽器である。歴史についてはいろいろな議論があるようなのでここではこれ以上触れないでおく。筆者が興味を持ったのは口琴の方だ。口琴とは、金属などで作られた舌を口元で弾いて口腔内に反響させ、口の形を変えることで音程を変えて演奏する楽器である。ビヨ~ン、ビヨ~ンという「ど根性がえる」の主題歌でもお馴染みの音といえばわかる人も多いだろう。世界各地に類似したものが存在し、比較的有名なアイヌの”ムックリ”は竹製である。ドイツ、オーストリアのものは、湾曲した金属の枠の中央に細長い舌が設けられたもので、音域別にいくつかのサイズがある。ドイツを旅すれば普通に楽器屋さんで売っているが、どちらかというとオモチャとして扱われているようだ。因みに日本語では口琴だが、ドイツ語ではMaultrommel(Maulは口、Trommelは太鼓やパタパタいうものという意味)、英語では jaw's harp(顎琴) である。 jew’s harp すなわちユダヤの竪琴と表記されることもあるが、誤って広まった俗名とのことである。

筆者がローテンブルクのお店で初めて買って帰ったときは、ポケットから落として車に轢かれてしまい、それこそ「平面ガエル」に...。10年くらい後になって再びローテンブルクを訪れたときに、同じお店で買い直した因縁深い楽器なのだ。

ここで紹介したCDには、ホ長調とヘ長調の2曲が収録されているが、いずれも弦楽器を主体としたいかにもバロックから前古典派あたりの典雅な作品となっている。それだけに、短いゲネラルパウゼ(総休止)をはさんでいきなりビヨ~ン、ビヨ~ンと始まると知らずに聴いたらちょっと驚くが、お子様連れのコンサートだったら喜んでもらえるかも。

B

Philip Bračanin

(Philip Bracanin)

フィリップ・ブラカニン

Dance Gundah
(アカカンガルーの踊り)

(輸)Warner Music 8573849002

指揮:ベンジャミン・ヴァリー/クイーンズランド交響楽団
ディジュリドゥー:マシュー・ドイル

音楽好きの海外旅行の楽しみの1つは、その国の作曲家による音楽のCDを発見することである(今時は現地より日本の大型店を探した方が早い場合も多いが...)。このCDはオーストラリアのHMVで見つけたものだ。作曲者名の綴りにあるčの文字の読みがわからないので「ブラカニン」としたが、もしかするとチェコ語のřような独特な読み方があるのかも知れない。曲名も筆者の訳なのでカッコつきで表記した。Gundahとはアボリジニの言葉でアカカンガルー(須坂市動物園のハッチが有名)を指し、作曲者によればタイトルで英語とアボリジニ語を合わせて使っているのは双方の国の文化の融合を表しているとのこと。作曲者は時々このようなタイトルの付け方をしているようだ。

オーストラリアの作曲家は、いわゆる"ゲンダイオンガク"よりも概して通俗的で分かりやすい作風の人が多いように思える。この作品も独奏楽器が特異なことを除いては特別変わったところがあるわけではなく、気楽に聞ける作品と言える。実はタイトルに協奏曲と付いているわけではないので、本当は協奏曲ではないかも知れないが、一応3楽章形式で第2楽章が緩徐楽章という構成になっている。

さて、問題の独奏楽器であるが、今時はクラシックの作曲家が協奏曲の独奏楽器に自国の民族楽器を用いることは珍しくはないけれど、ディジュリドゥー付の管弦楽という意味ではやっぱり珍しいのでつい買ってしまった。ディジュリドゥーとは、シロアリが食べて筒状になったユーカリの木を使った、サイズが1~2mはあろうかというアボリジニの管楽器であり、「ギョー、ギョー、ゲコゲコ」と蛙の鳴き声のような音を出す。TVコマーシャルに登場したり、今では観光旅行のご当地ネタとして一般的な知名度もそれなりに高くなっており、お土産用の小さなサイズのものが普通に売られている。演奏は循環呼吸といって、鼻から息を吸いながら同時に口から息を吐いて楽器を鳴らす奏法で、要は息継ぎのために音を途切らせることがないのである。これも観光用のツアーで船頭さんが披露してくれたりすることがある。教則本も売っているので興味のある方はチャレンジしてみてはいかがだろうか。その鳴き声のような独特な奏法は、実際に様々な鳥や動物、蛙の鳴き声の模倣に基づいているようだ。

海外に行ったら、民族楽器+シンセという観光地に良くあるお土産用CDではなく、こんな曲なんか探して買ってみるのも一興かも。

F

Anis Fuleihan

アニス・フュレイハン

Concerto for Theremin and Orchestra
テレミンと管弦楽のための協奏曲

(輸)Symposium 1253

指揮:レオポルド・ストコフスキー/ニューヨーク交響楽団
テレミン:クララ・ロックモア

数年前に一世を風靡し、発明者の伝記映画まで公開された電子楽器の始祖テレミン(テルミン)。当時のスターかくし芸のネタにもなったが、日本人の常でもう一般人の記憶からは薄れているのでは?一応、オモチャみたいなのが大人の科学のVol17にあったりはするけれど...。そのテレミンを使用した協奏曲の、テレミン博士から直接教えを受けたという初代「テルミニスト」クララ・ロックモアと、ストコフスキーによる録音である。この録音のLPは中古市場で高値を呼んでいたというのでCD化は喜ばしい。

録音の古さも手伝ってか昔のハリウッド映画の音楽のようにも聞こえる。しかし、終楽章を初めて聴いたとき、思わず笑ってしまった。あまりにもうますぎて...。テレミンってもっと朗々と歌い上げるものだと思っていたが、これではまるでヴァイオリン協奏曲ではないか(そういえば、クララ・ロックモアは元々ヴァイオリニストだった)。何もない空中で手を動かして音程や音量を調節しなければならない不安定さを思うと、このテクニックはやはり尋常ではない。

G

Morton Gould

モートン・グールド

Concerto for Tap Dancer and Orchestra
タップ・ダンサーと管弦楽のための協奏曲

1)(輸)Albany TROY521

指揮:ポール・フリーマン/チェコ国立交響楽団
タップ・ダンス:レーン・アレキサンダー

2)TH-116 / 個人製作による復刻版

指揮:モートン・グールド/ロチェスター・ポップス
タップ・ダンス:ダニー・ダニエルズ

ラテン・アメリカン・シンフォネットや映画音楽の演奏で知られるモートン・グールドの珍しい協奏曲。これまで辞典で見たことしかなかったが、偶然にも立て続けに2種の演奏が入手できた。下記のマラカス協奏曲とのカップリングもあるが、初演者による演奏が個人による復刻版で聴くことができる。さるムード音楽のページで入手したのだが、ここでは古いレコードの著作権を個人で取得して手製CDを販売しているのだという。運営者のボランティア精神と、音楽に対する並みならぬ愛情に感謝したい。

H

Alan Hovhaness

アラン・ホヴァネス

"And God Created Great Whales" for Orchestra with Actual Songs of Whales
ザトウ・クジラのソロ・パートと管弦楽のための「そして神は大いなる鯨を創り給うた」

(輸)Crystal Records CD810

指揮:デヴィッド・エイモス/フィルハーモニア管弦楽団
クジラの声:録音

20世紀の作曲家で最も多くの交響曲を作曲したことで知られているが、作風が通俗的であるために「芸術的評価は別として」といつも枕詞付きで紹介されてしまうところがちょっと可哀そう。インドの神などを題材としたいかにもオリエンタルな旋律と、メディテーション的な響きがキワモノと思われても仕方ないのかもしれないが、それはそれでファンは多いのだ。

この曲は1970年にアンドレ・コステラネッツとニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団によって委嘱されたもので同年に初演されている。

タイトルは聖書から採ったとしか思えないが、「聖書でなんでアジア?」なんてツッコミはこの際おいとくとして、日本語訳の前半のところはNHKラジオで紹介された時のタイトルの方が気に入っていたのであえてそちらで表記してみた。ただし、当初の録音では確かに大西洋のザトウ・クジラのみだったらしいが、現在の録音では太平洋のザトウ・クジラ、ホッキョク・クジラ、シャチも加えられているとのことである。クジラの鳴き声は肉声の録音のみでなく、管楽器や弦楽器のグリッサンドによって模倣もされる。疲れた時のヒーリング・ミュージックにいかが?

余談だが、かつてカール・セーガンによる科学番組「コスモス」で交響曲19番「ビシュヌ」が使われ、サントラにも部分的に収録された(選曲も凝った番組だった。輸入盤でDVDも出ている)。これと同じ演奏がCrystal Recordsから出ていて全曲が聴ける。

J

Jan Järvlepp

(Jan Jarvlepp)

ヤン・ヤルブレップ

"Garbage Concerto" A Concerto for Recycled Garbage and Orchestra
「がらくた協奏曲」 -リサイクルごみと管弦楽のための

(輸)(株)キングインターナショナル KKCC-2309(BIS-CD-1052)

指揮:ラン・シュイ/シンガポール交響楽団
がらくた:クロマータ・スウェーデン国立打楽器合奏団

打楽器奏者というものは、茶碗と箸があると叩いてみたくなる人種である(ホントかな)。いや、いや、叩いて音が出れば何でも楽器にしてみたくなる。傘や定規があれば思わず握ってスイングしてしまうオジさんの心理に比べれば、物を叩くという行為は、もっと人間の本能の奥深くに刻まれた根源的な欲求なんじゃないだろうか。クラシックの作曲家達もこれまで実に様々なものを楽器として貪欲に自作に導入してきた。だから、こんな作品が出てきても、別に不思議ではないのである。

構成は、「風の舞い」、「リドー運河・午前3時」、「雨の舞い」から成る3楽章。空き瓶、空き缶、ペット・ボトルからゴミ袋に至るまで、がらくたの演奏は世界的な打楽器アンサンブルによるレベルの高いものである。何も考えず、存分に楽しんでみよう。

併録されているカルニンシュのロック交響曲も通俗的だが実に楽しい。

L

Ricardo Lorenz

リカルド・ロレンス

Concerto for Maracas and Orchestra
マラカスと管弦楽のための協奏曲

(輸)Albany TROY521

指揮:ポール・フリーマン/チェコ国立交響楽団
マラカス:エド・ハリソン

こんな曲があるなんて!だってアナタ、あのマラカスですよ。普通、音程のない打楽器の協奏曲といったってドラムセットくらいは使うというもの。このシンプルで何の変哲もない楽器を極限まで使いこなすとどうなるのか、その結果はご自身で確かめていただくよりない。全曲約15分程の1楽章形式の曲である。

R

Einojuhani Rautavaara

エイノユハニ・ラウタヴァーラ

Cantus Arcticus Op.61
カントゥス・アークティクス(鳥とオーケストラのための協奏曲)Op.61

(輸)KICC-2132 / (株)キングインターナショナル (BIS-CD-575 / BIS )

指揮:オスモ・ヴァンスカ/ラハティ交響楽団

タイトルは「極北の歌」というところだろうか。神秘主義的なフィンランドの作曲家エイノユハニ・ラウタヴァーラは、「光の天使」("Angel of Light")という、ローズマリー・バトラーの歌う「幻魔大戦」の主題歌みたいなタイトルを持つ幻想的な交響曲(第7番)を初めとして、天使を題材にした作品を多数作曲していたりもする。

この曲はおそらくラウタヴァーラの最も知られた作品と思うが、ここで紹介した演奏は「フィンランディア~フィンランド音楽フェスティバル」というCDに収録されている。全体は「沼沢地」「メランコリー」「白鳥が渡る」と題された3つの楽章に分けられているが、ホルンと弦楽器を基調としたどこかハリウッドの映画音楽も思わせる高揚感を伴った和音が終始ゆったりと流れていく感じの癒し系音楽で、第3楽章で少し盛り上がりを見せるものの一貫して印象は大きく変わらない。北の沼沢地で作曲者自身がテープに収録したという無数の鳥たちの声(本CDで使われた音源は本人による改訂版)が環境音のように背景に流され、聴いていたら鳥たちの映像を映している大スクリーンの前でオーケストラが演奏している光景が何となく浮かんで来てしまった。鳥の声はホヴァネスの曲と同様に、録音だけでなく楽器でも模倣される。

なおこれも余談だが、作曲者の名前にあるaaという母音を2つ重ねて長音とする綴り方はフィンランド語の特徴だ。英語にもeeのような例が無いわけではないが、フィンランド語の場合はaa、ee、uuなど種類が多く、語頭にも使われるので良く目立ち、フィンランド語を見分ける時のポイントになる。また、他の北欧諸国の言語がインド・ヨーロッパ語族(ゲルマン語派)に属するのに対し、フィンランド語はむしろバルト海を挟んで向かい側にあるエストニアの言葉と同じウラル語族の言語である。

S

Ravi Shankar

ラヴィ・シャンカール

Concerto for Sitar and Orchestra
シタール協奏曲

EMI CE28-5529 / 東芝EMI(株)

指揮:アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団
シタール:ラヴィ・シャンカール

南インドのヴィーナーと並ぶ北インドの代表的な弦楽器シタール。刑事コロンボの小説版にも名前が登場する作曲者の演奏により世界的に有名になった。今では誰でも1度はインド料理屋かどこかでその音を耳にしたことがあるのではないだろうか。

管弦楽は比較的控え目に使用され、シタールが完全に主役であるが、第1楽章のシタールの問いかけにファゴットやフルートが答えたりするような掛け合いの部分などなかなか面白い(関係ないが、つい「未知との遭遇」のマザーシップとの交信シーンの音楽を思い出してしまった)。この曲を聴きながら街へ出てみよう、新宿や渋谷が異国に見えてくるに違いない(ただし、くれぐれも安全な場所で)。

音楽の羅針盤 トップページへ

リンクはご自由にどうぞ。

Copyright (C)2008 Amasawa