北欧人と海

北欧というとあなたは何を思い浮かべるだろうか?バイキング?それともフィヨルド? 海岸に囲まれた土地柄のせいか北欧の音楽家達は海にとっても愛着が強いのだろう、交響曲にも海を題材にしたものがたくさんある(しかも、どういうわけか声楽を伴うことが多い)。

しかし、同じ海といってもそこに託されたイメージは様々。ここでは、北欧の作曲家の作品を中心に海の交響曲を集めてみた。

A

Hugo Alfven

ヒューゴー・アルヴェーン

Symphony No.4, Op.39 “From the Seaward Skerries”
交響曲第4番 ハ短調 Op39 『海辺の岩礁から』

1)(輸) Bluebell ABCD 001

指揮:スティグ・ヴェステルベルィ/ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
ソプラノ:エリザベト・セーデルストレーム
テノール:イェスタ・ヴィンベリ

2)BIS KICC-2063 / キングレコード(株)

指揮:ネーメ・ヤルヴィ/ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
ソプラノ:クリスティナ・ヘグマン
テノール:クレス=ホーカン・アーンショー

3)(輸) Phono Suecia PSCD109

指揮:ヒューゴ・アルヴェーン/演奏協会交響楽団
ソプラノ:ビルギット・ニルソン
テノール:エイナル・アンデション

スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」のみが良く知られているアルヴェーンの大変美しい交響曲。ハープ2台とピアノ、チェレスタを加えた編成に、北欧のラヴェルと称される色彩的なオーケストレーションを駆使し、寄せては返す波を巧みに表現した管弦楽に乗せてソプラノとテノールによるヴォカリーズが高らかに男女の愛を謳い上げる。この海は、やがて結末に訪れる悲劇をイタリア・オペラの如く演出する舞台としての海なのだ、...という解釈はベタ過ぎるだろうか。

作風としては「夏至の徹夜祭」の後半に近く、この曲やモルダウ、チャイコフスキーのバレエ曲などがお好きな方にはお薦め。今日、名曲として知られていても少しもおかしくない曲だと思うが、スウェーデン国内で発表された当初はヴォカリーズがあからさまな表現であるとして「シンフォニア・エロチカ」などと揶揄された。作曲者は14歳の娘に献呈した作品であることからこれに反論したようだが、いずれにしても今日の我々にはちょっと想像し難いことだ。

お気に入りはBluebell盤だが、VOXレコードからLPで出ていた当時は、単一楽章ゆえに途中のゲネラルパウゼ(総休止)で盤面をひっくり返さなければならなかった。CD時代になって本来の形で続けて聴けるようになり、また、録音の種類も増えた。上記のほかにNAXOSからも出ている。

同時期に構想された姉妹的な作品に、交響詩「岩礁の伝説」Op20(Legend of the Skerries, Op.20)があり、BIS盤には併録されている。

Kurt Atterberg

クルト・アッテルベリ

(クルト・アッテルベリ)

Symphony No.3, Op.10“West Coast Pictures”
交響曲第3番 ニ長調 Op.10 『西海岸の風景』

(輸) CPO 999 640-2

指揮:アリ・ラシライネン/NDRハノーヴァー放送管弦楽団

シューベルト没後100年を記念するコンクールで第1位を獲得し、賞金に因んで「ドル交響曲」の異名で呼ばれることもある交響曲第6番がアッテルベリの最も知られた作品であるが、さらに惹かれたのはこれと併録されている第3番の方だった。「西海岸の風景」と題された3楽章からなるこの交響曲は、楽章毎にもそれぞれ「太陽の霞」、「嵐」、「夏の夜」といった標題が付されており、いずれもアッテルベリらしい旋律美に満ちているが、最大の聴きどころは、その劇的な音楽の特徴が良く現れた第2楽章ではないだろうか。

標題は付いているが、「嵐」そのものを絵画的に描写しようとしたというより、むしろその雰囲気を叙情的に表現しようとしたものと思われる。しかし、旋律の伴奏はそれでもかなり描写的だ。ティンパニやトライアングルがロールしながらクレシェンドし、さながら海面に盛り上がり打ち寄せる波頭を思わせる。ティンパニやグラン・カッサ(大太鼓)とともに規則的に交互に打ち鳴らされるクラッシュ・シンバルのリズムはぶつかり合い飛び散る波飛沫を、トレモロする弦楽器の下降グリッサンドが吹きすさぶ風を連想させる。中間部で、一旦台風の目に入ったかのような静けさが訪れるが再び嵐は強まる。最後のクライマックスでは、この中間部で静かに暗示されていた旋律がその全貌を現し、シベリウスの交響曲第2番の終楽章から悲壮さを取り除いたような盛り上がりが最高潮に達するが、もう一回聴きたいと思わせるものの再び繰り返すことはなく静かに楽章が閉じられる。続く第3楽章は、夜というより嵐の過ぎ去った海に夕焼けの太陽が沈み行くように雄大に感動的に盛り上がって終わる。

ここには、素朴に自然のその美しさ、雄大さへの感動を表す対象としての海がある。マイナー曲には外れも多いが、アルヴェーンの第4番と並んで拾い物だった1曲だ。

N

Goesta Nystroem

ヨスタ・ニーストレム

Symphony No.3 “Sinfonia Del Mare”
交響曲第3番 『海洋交響曲』

(輸) Phono Suecia PSCD 709

指揮:エフゲニー・スヴェトラーノフ/スウェーデン放送交響楽団
メゾ・ソプラノ:シャルロッテ・ヘレカント

作曲家、ピアニスト、バリトン歌手でもあったニーストレムは、画家としての才能も示した。作曲家兼画家の例としては、他にもサン=サーンス(ピアニスト、オルガニスト、詩人、数学者、天文学者としても知られていた)やリトアニアのチュルリョーニス、同郷のアルヴェーンなどがいるが、画家でもあることは音楽に描写的なものが多いこととも関係があるだろう。海に関連する作品を多く残しているが、7つの海の船乗りすべてに献呈されたこの「シンフォニア・デル・マーレ」は、ニーストレムの最も知られた作品となった。

最初にこの曲を聴いたとき、実はあまり印象に残らなかった。流し聴きしてしまったこともあるが、物思いに耽るようなLentoで始まるこの交響曲が、ここに挙げた他の作品に比べると華やかさをぐっと押さえたモノクロームな色彩感の渋めの内容であったためだ。しかしじっくり聞いてみると魅力的な作品であることに気付く。構造的には少し特異で、Lento、Allegro、Lento、Allegroと繰り返し、メゾ・ソプラノによる独唱を伴う2回目のLentoを挟んで、前後のAllegroに嵐を思わせる(というより戦争の勃発みたいな)同じ主題が登場するというサンドイッチ構造になっている。

聴きどころはやはり声楽を伴うLentoの部分で、ピアノを編成に加えた月夜の波打ち際を思わせる静かで美しい管弦楽に乗せて、地中海のカプリ島で書かれたというエヴァ・リンクヴィストによる詩をテキストに唯一の愛するものへの思いが歌われる。交響曲というより歌曲のような印象だ。

ここにあるのは、愛の対象への回帰願望の象徴たる海なのだろうか。

T

Kalervo Tuukkanen

カレルヴォ・トゥーッカネン

Symphony No.3, Op.36 “Meri”
交響曲第3番 Op36 『海』(管弦楽、ソプラノ、テノール、混声合唱のための)

(輸) FINLANDIA WPCS-5934 / (株)ワーナーミュージック・ジャパン

指揮:アリ・ラシライネン/ユヴァスキュラ交響楽団
S:トゥーラ=マルヤ・トゥオメラ、T:トム・ニューマン
ムジカ合唱団、ユヴァスキュラ・スタジオ合唱団

交響曲としては普通の4楽章だが、構成は少し変わっている。約半時間の演奏時間のうち、ほぼ半分を第1楽章が占め、比重的に第1楽章が前半部、第3、4楽章が後半部として配分されていて、間に間奏曲として短い第2楽章が置かれている。前半は、作曲者自身の作による詩をテキストとしてソプラノ、テノール、合唱を伴い、ヴォーン=ウィリアムスの「海の交響曲」を思わせるカンタータ風のスタイルになっているが、後半はやはり独唱と合唱を伴うものの、テキストのないヴォカリーズとなっている。

音楽は、快晴の陽光射す清々しい海を思わせる海への賛歌で始まる。時折挿入される木管楽器の音形は、海鳥の鳴き声だろうか。全般に清涼感溢れる情感を湛えた交響曲だ。

人類の営みを超然と眺めながら、はるか昔から変わらず存在し続ける海。この海は、大いなる自然への憧憬と畏怖の対象としての海だろうか。

V

Ralph Vaughan Williams

ラルフ・ヴォーン=ウィリアムズ

“A Sea Symphony”(Symphony No.1), Op.36
『海の交響曲』(交響曲第1番)

(輸) RCA VICTOR 60580-2-RG

指揮:アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団
S:ヘザー・ハーパー、T:ジョン・シャーリー=カーク
ロンドン交響楽団合唱団

もちろん、北欧の作品ではないが、海を題材とした交響曲を語るとき、この曲をはずすことはできないだろう。しかもこの曲の場合、声楽の扱いは「~付き」といったレベルではない。全4楽章の全編に渡ってイギリスの詩人ウォルト・ホイットマンの「草の葉」から抜粋された詩が合唱を伴って歌われ、交響曲というよりむしろカンタータに近い。海といっても自然の情景描写ではなく、未知なる世界へ船出していく人類への賛歌が高らかに謳われる壮大な作品である。この辺が北欧の作曲家の手になる作品と感性が違っていて興味深い。

この海は、人類の英知と勇気によって克服されるべき苦難と未知の世界のメタファーとしての海なのだろう。

そういう意味では、映画「南極のスコット」のための音楽を元に後に交響曲化された「南極交響曲」(交響曲第7番)も根底に流れる精神性に相通じるものを感じるのだが、こちらは歴史的事実に基づいて悲劇に終わる。が、この曲もまた名曲である。

音楽の羅針盤 トップページへ

リンクはご自由にどうぞ。

Copyright (C)2008 Amasawa