アニメーションの名盤100選

(...と言いたいが、100も書けないだろうな)

アニメの音楽なんて!」

しかし、「ジャパニメーション」が海外からも評価され、いまや「メディア芸術」とも「重要輸出産業」とも言われるようになったのに、その音楽が単に子供騙しや、マニアのためだけのものばかりだったりするだろうか?

そもそも日本では昔からコマーシャルや映画、アニメ、ゲームといったメディアの音楽をクラシックなど他のジャンルの作曲家が書くことも多い(専門の人がレベルが低いという意味ではない)。筆者の趣味からオーケストラ系に偏っているけれど、映画音楽としても単独の音楽としても通用すると思うものを選んでみた。

A

Masamichi Amano

天野 正道

ジャイアント・ロボ THE ANIMATION-地球が静止する日

Tomoyuki Asakawa

朝川 朋之

ファイブスター物語(ストーリーズ)

H

Yasuo Higuchi

樋口 康雄

火の鳥2772 ~ 愛のコスモゾーン~

Haruomi Hosono

細野 晴臣

マージナル

K

Satoshi Kadokura

門倉 聡

スペース・ファンタジア 2001夜物語

Yoko Kanno

菅野 よう子

彼女の想いで - MEMORIES

Yoshihiro Kanno

菅野 由弘

天使のたまご

Kenji Kawai

川井 憲次

暗黒神話

M

Akihiko Matsumoto

松本 晃彦

サマーウォーズ

N

Yuji Nomi

野見 祐二

ぼくの地球を守って(イメージ・アルバム)

O

Keiichi Oku

奥 慶一

クラッシャージョウ(OVA)

S

Masaru Sato

佐藤 勝

地球へ...(テラへ...)

Osamu Syoji

東海林 修

さよなら銀河鉄道999 - アンドロメダ終着駅-

番外編

未定

機神幻想ルーンマスカー
音楽の羅針盤 トップページへ

リンクはご自由にどうぞ。

Copyright (C)2008-2014 Amasawa